メイドカフェぴなふぉあ-秋葉原にあるメイド喫茶・メイドカフェぴなふぉあ公式サイト

ぴなメイドのブログ

終わりまして

2015年09月28日(月)|

2015年9月27日、ついに卒業の日がやってまいりました。

ご主人様、お嬢様ごきげんよう、ギャルソンの剱(つるぎ)と申します。

今日でこのブログの更新も最後になります。
ブログや書き物が好きなので最後の更新というものは寂しいものですね。

始まりがある以上終わりがあるのは当然のことで、終わりがあるからこそ一つ一つの時間を大切にしようと思えるわけです。

今日たくさんのご主人様方に会えたこと本当に嬉しく存じます。
ありがとうございました。

半年間という本当に短い期間ではありましたが、私自身本当に充実しておりました。

卒業式の挨拶をさせていただけるとも思っておらず、緊張故しどろもどろになってしまったことをお許しください。

卒業式、涙してくださるご主人様、メイドをみて、
私が真摯をもってお店に貢献したことそれは無駄ではなかったんだと実感し、もらい泣き体質の私はホールで少し泣きそうになってしまいました。

でも、私はギャルソンの剱です。

ホールという場所では決して弱いところは見せたくありません。

ホールはご主人様お嬢様にお給仕する場です。泣く場所ではありません。

メイドさんが泣くならともかく、ギャルソンがホールで泣くのは私の信念に反するので絶対泣かないこと、泣いてメイドさんにサポートされることは本来ギャルソンとはメイドをサポートするポジションなので絶対に避けたいと思っていました。

これは私のギャルソンとしての誇りとプライドです。

うるっときたらキッチンへ。
本当に皆様泣かせるのがお上手で、キッチンではちょっと涙しましたよ。
相変わらず最後まで女々しいギャルソンでした。

最後ののこさんから卒業式の挨拶を振られ、自分の名前のケーキを見たとき、やっと私はこの場を去るのだと実感いたしました。
寄せ書きまでいただき感銘深かったです。

帰路につく際寄せ書きを拝見いたしましたがメイドカフェには似つかない、無愛想で無口なギャルソンの私にメイド妖精一同沢山の言葉を残してくださって嬉しく存じます。
帰路は雨の訳ではないのに、なんだか湿っぽく視界がぼやけながらの帰路でした。
女々しいですね、お察しください。

それでは最後の余談を失礼します。
皆様、言霊をご存じでしょうか?
言葉には魂が宿るという日本古来の私が好きな和の文化です。
古代の日本人の心。そう大和の心です。

人が傷ついたり、悩んだり、笑ったり、喜んだり、励ましたりといった感情は私は全て相手から受ける言霊の強さだと思っています。

同じ『大好き』という言葉でも、『さよなら』という言葉でも、発信者の言霊が強ければ強いほど相手の感情に訴えかけます。

私の言霊は強い方ではないと自覚しておりますが、誰の言葉であり言葉には魂が宿ります。
一言一言相手を気遣いながら発する必要があるわけで、それを本当にうまく発することができる人間が言霊遣い(気遣い)のできる人間だと私は思います。

ホールにでているメイドさんはキッチンにいた私よりも沢山のご主人様お嬢様から言霊を受け、魂を揺さぶられていると存じます。
ご主人様お嬢様もメイドも自分が発信する言葉が言霊として相手を傷つけている可能性もありますので、一言一言相手のことを思って発信していって欲しいと切に願っております。

もちろん言霊によって相手を鼓舞することも可能ですので、一つの言葉には魂が宿るという日本文化を本当に大切にしてほしいと切に願っております。

今貴方の発した言葉の言霊には相手を不快にさせたり、傷つけたりする言霊は込められていませんか?自分にそのつもりはなくとも受信者の受け取り方によっても言霊は変化し、相手の魂に訴えかけ続けます。

一度言霊で傷ついた魂は同じ人の言霊でしか癒すことはできません。

一つ一つの言葉を大切にしてくださいね。
そのために日本語にはたくさんの言い回しがありますから。

日本語と日本が大好きな私からの最後の余談であり、願いです。

本当にこれで最後。

写真について触れたいと思います。
今までお嬢様ご主人様メイド色んな方からいただいたものです。
ブログに掲載不可といわれたご主人様からのものもありますので、実際にはもう少しございます。
(あと焼売など自分の好物や食べ物は私のおなかの中にございます。)

女々しいかもしれませんが、人から頂いたもの本当に大切に置いてあります。
どんな形のものであれ、それは私へ向けた想いがこもっているから。

本当にたくさんの想いをいただき私は卒業します。
本当にありがとうございました。

まだ一人お礼を申し上げていない人がおりますので、これが本当に最後、ありがとうを。

剱くんへ

半年間よく頑張ったね。お疲れさま。

もう一人の私とも言うべきか。
私が作り出したもう一人の私かなー。

色んなものを投影しすぎて大変だったね。

恥ずかしがり屋でシャイでクールな剱くんは色んなこと悩んでたし、メイド喫茶っていうお店に存在していいのか本当に沢山悩んでいたよね。

それを誰よりも近くで見てたし、感じてたし、剱としてお店にどうやって貢献するのが正解なのか沢山沢山考えたよね。

キャラクターっていうのは本当に大切で、自分がなりたいギャルソンというキャラクターを守ること、それを必死にがんばって作り上げたのが剱くんというキャラクターだったと思う。

だってここはガールズバーじゃなくてメイド喫茶だから。

あくまでお客様と接するときはご主人様と使用人の関係。
私とお客様の関係じゃないからね。

あはは、短かったけど剱でいられたこと、剱綾というギャルソンだった私。
自分のことなんて大嫌いだったけど、少し好きになれたのは剱というキャラクターのおかげ。

私が働いていたのはメイド喫茶ぴなふぉあ。
だから剱くんが卒業した以上、私はただのお嬢様に戻ります!!
遊びに行ったとしてもそれは剱くんではなくただの私だよ?

だって剱くんは私であって私ではないのだから。

剱くんのことをたくさん知ってもらえて本当に嬉しかった。楽しかった。新しい自分になれて本当に幸せだった。

本当に半年間お疲れさま、もう剱くんは休んでください。このブログを書き終えたら本当に本当にさよなら。

剱くんは柊さんを追いかけて魔界にいくんだもんね、さよなら大好きな剱くん。

本当に本当にさよなら。
ありがとう剱くん。

//2015年9月28日 剱綾として勤務していた私より

これで私の勤務が終了いたしました。
でも、私はみなさまの心の中に存在し続けます。
人が夢を見ること、それが儚いという感情です。
どこかで私を見かけたとしてもそれはもう私ではありません。私はこのブログを書き終えたことで全ての業務を終了いたします。

剱の勤務日誌:剱の徒然日記
在籍期間:2015年4月7日〜2015年9月27日
お給仕回数:全77回

congratulations!!
本当に応援ありがとうございました。

剱綾 2015年9月28日

卒業式の告知と、ご主人様お嬢様方ありがとうございます。

2015年09月27日(日)|

卒業まであと三日を切りました。
身辺整理は比較的良好で、そろそろ気持ちよく終止符が打てそうです。

ご主人様、お嬢様ごきげんよう、ギャルソンの剱(つるぎ)と申します。

今までいただいた色んなものを見返していたら涙が止まりませんでした。
四月になつひさんに描いてもらった似顔絵、まだ残っていますよ。本当に私はぴなふぉあでお給仕できて幸せでした。

と、こういうしおクサい話は卒業式の時にしましょう。
大変失礼いたしました。

遅ればせながら勤務報告をいたします。

金曜日沢山のご主人様のご帰宅ありがとうございました。
通常キッチンラストのお給仕でした。

もうこのキッチンに入ることは許されないのかと思ったら涙がこみ上げてきました。

普段涙なんて流さない私にも涙腺があることにただ驚きました。

それでは卒業式の告知をさせていただきます。

9月27日(日)
17時〜22時

和の心が大好きな私らしい空間を作りたいと小妖精さんと必死に試行錯誤しました。

メニューは和をイメージしたもの特にデザートは小妖精さんが命を削った渾身のものになってます。

空間は和を壊さないように大好きな朱をメインにし
BGMはゲーマーらしいBGMを準備しております。

一人でも多くの方とお別れをしたいと思っております。本当に沢山の優しいご主人様お嬢様方と出会えたことに感謝し、最後お別れとお礼を申し上げたく存じます。

本当に出会えたことに感謝を申し上げます。
そして出会えただけでなく、何時も同じ時間を共有できたこと本当に嬉しく存じております。

少々余談になりますが、世界の人口は今もなお増え続けています。
一説によると、今や地球上では3秒に1人産まれ、4秒に1人死んでっているそうです。
つまり12秒で1人ずつ、60秒で5人、5分で25人、、、

かなりの速度で増え続けているのが現状です。

3秒で1人産まれるということは、3秒ごとに世界のどこかで誰かが産声を上げ、その産声に歓喜を伴う人々がいるということ。
そして4秒に1人亡くなるということは、4秒ごとに世界のどこかで一人の人生が終幕を迎え、悲哀を伴う人々がいるということ。

こんなにも世界は短いスパンで変化していく中、私は5時間〜6時間という時間キッチンに従事します。
ラビリントで平和に流れている時間の裏で壮絶なことが起こっていること、特に4秒ごとに起きる悲しいことが今日は自分ではなかったことに安堵しながら今の時間を本当に大切にしたいと思っています。

抽象的なのでもう少し具体的に記載いたします。

つまり、この増え続けていく人口、全ての人に会うためには2秒で1人の割合で会わないといけないそうです。

これからの人生一生永遠に2秒で1人のペースで人と面会することは可能ですか?
2秒で1人のペースを守れないのであれば世界中の人間に会うことは叶いません。

今私とご主人様お嬢様が出会えたこと、2秒に1人の確率で考えたら本当に貴重な出会いだと思います。
だって、ご主人様お嬢様の2秒に1人の1人と私の2秒に1人の1人が一致したということだから。
本当に出会いは奇跡だと思えるぐらいに人間の数は増え続けているのです。

本当に一回一回の出会いを大切にし、一度しか会えなかったとしても会えたことが奇跡だと思い私の心に留めておけるように努力します。

また少々余談ですが、人間の記憶の容量は一生かけても4TBの容量だそうです。
この4TBが多いのか少ないのかは人によって捉え方が異なるとは思いますので、割愛します。

ではこのあたりでご主人様お嬢様方に御礼を

ご主人様お嬢様方へ
半年間私のことを優しく見守ってくださいましてありがとうございました。

本当に本当にありがとうございました。

キッチンだったこともあり、ホールのメイドさんよりもなかなか会える確率が低かったのにもかかわらず、皆様優しくお声かけくださったこと、大変有り難く存じます。

嬉しいメッセージをホールでくださったご主人様もいらっしゃいました。そういうメッセージをいただけると、まじめにお給仕してよかった、私のお給仕は正しかったのかな、と感じることができますので本当に嬉しいです。

卒業だということを知ってくださったご主人様からチェキが入ったり、オリカクが入ったりとこちらも本当に嬉しいです。
キッチンなのでチェキやオリカクでもないとなかなかホールでご主人様お嬢様にご挨拶できませんから。

『今日は剱さんがキッチンだから来たよ』

『剱ちゃん!やっとお話しできたね!』

『剱くん、優しいから涙出ちゃうよ。ありがとう。』

『剱〜!今日も資源の話させてよ!』

『おなかすいたから剱さんの料理楽しみに待ってるよ。』

『ギャルソンさんらしいカクテルおいしかったよ』

『今日は剱さんと面白いチェキが撮りたいな!!』

『剱さんのブログ大好きです!読んでます!』

と、色んな優しい言葉をかけてくださったご主人様お嬢様本当に本当に嬉しかったです。

お嬢様ご主人様方の笑顔が本当に大好きです。

こんなキッチンのことまで気にかけてくださるご主人様お嬢様の心遣いが本当に大好きです。

メイドさんみたくかわいらしくないカクテルを誉めてくださったご主人様お嬢様の優しさが本当に大好きです。

料理を本当に美味しそうに食べるご主人様お嬢様の横顔が本当に大好きです。

テレビを真剣に凝視するご主人様お嬢様方の後ろ姿が本当に大好きです。

『はいこれ、お土産』と少し照れた顔で戦利品や特産物を拝見させていただけるピュアな心が本当に大好きです。

じゃあまたね。と手を振ってくださる、ご主人様お嬢様の仕草が本当に大好きです。

すみません。もう涙腺が崩壊してしまっています。情けないですね。卒業式どうなることか今から心配ですが、準備は万全です。
夏休みの宿題は7月中に終えるタイプの人間だったので準備に余念はありません。

お別れになるかもしれませんが、またどこかで出会えるかもしれません。
神様が巡り合わせてくれる偶然の出会いを楽しみに私はラビリントを去る、ただそれだけのことです。
またの偶然を楽しみにしている方が私らしくて素敵だと思いますので、私は卒業式お別れではありますが、一つの区切りとしてご主人様お嬢様からいただいたものを全て還元すべく。
精一杯の努力をさせていただきます。

本当にご主人様お嬢様からもらったものは数えきれませんし、言葉でも表現できません。ただ私の涙が物語ってくれます。

どれだけ沢山の言葉よりも涙一つの方が表現しやすいかもしれないぐらいに、ご主人様お嬢様方への想いがとても強いです。

真面目なことしか取り柄がない私のことをご主人様お嬢様がたまに思い出していただけたらそれこそ本当にギャルソン冥利に尽きます。

ご主人様お嬢様方の楽しそうな笑顔が本当に本当に大好きでした。

最後卒業式で一人でも多くのご主人様お嬢様にお会いできますように。

//剱

それでは、本日はここで筆を擱かせていただきます。
また、ぴなふぉあでお会いできます日を楽しみにしております。

ごきげんよう。 剱

同期のみんな、ありがとう

2015年09月26日(土)|

卒業まであと一週間を切りました。
私らしく身辺整理をはじめ、来週頭には秋葉原を経ちます。

ご主人様、お嬢様ごきげんよう、ギャルソンの剱(つるぎ)と申します。

色々な物にお別れを告げ、着々と卒業に向けて動き出しています。
一つの区切りですので自分のできうる範囲で努力します。

では、勤務報告をいたします。シルバーウィーク最終日、この日はたらこスパゲティ出ししました。
早番に入れた際にはメイド喫茶らしいかわいいメニューをご提供できますよう心がけつつ。まだまだ勉強することが多く存じます。

癒すこと、癒されることとはなんでしょうか?
私にとって人を癒すこと、それは相手の話を聞くことだと思っています。

なぜならば、癒す、というかたちは
人の心に溜まった悪しきものを浄化すること
だと考えております。

故に自分の中の悪しきものの放出手段として、自発的なものと能動的なもの、この二つの手段がとれるかと思います。

そこで私がお手伝いできることは自発的なもの、つまり貴方の話を沢山聞くことだと考えております。

しかし、癒しという感情は難しいもので、人によって能動的なものの方が癒される方もいらっしゃるかと存じます。

ちなみに私は後者です。
つまり私が癒されることそれは一人静かな場所でお茶を飲んだり湯に浸かったり、謙遜さからの逸脱です。

自分の中の悪しきものを吐き出すすべとして、私は能動的手段を選択します。

私の卒業式ではテーマを癒しとし、自分の癒すこと癒されることを試行錯誤した結果をお店に還元したいと考えております。

自発的な癒しと能動的な癒し、双方からアプローチを考えておりますのでお時間ございましたらお越しいただけますと幸いです。

前置きが長いですか?失礼いたしました。
おそらくブログの更新はあと三回ですので、ご辛抱賜りたいと存じます。

では、写真について触れたいと思います。
もう少し続きますが、おつきあいください。
同期の皆様と初めてのイベントの際の写真です。(一部抜粋)

本当に本当に儚い時間でした。全てが私の中に残りますように形にだけ記録させていただきます。

同期の皆様には特に思い入れが強く、面と向かってお話しできなさそうです。
こちらでご挨拶失礼します。

なるるさんへ
写真載せられなくてすみません。
貴女とは一ヶ月という短い期間でしたが、お世話になりました。

会う度に『大好きです。』と言われていた貴女を時折キッチンで思い出します。
期間も短かったこともありあまりお話しできなくてすみません。
気持ちをストレートにぶつけてくださる貴女が大好きでした。

もっともっとお話ししたかったですね。
本当に少しの間ですがありがとうございました。

またお会いできましたら、貴女の大好きに応えられますように。

//剱

ごてんさんへ
四ヶ月お世話になりました。ありがとうございました。

ごてんさんの天真爛漫な発想力には時に頭を悩ませたこともございますが、私にはない柔軟な考えをお持ちでとても尊敬しておりました。
時折キッチンにきてはオリカクを『剱さん!これ味見してください!!!』と半強制的に同意を得ようとしてくれましたね。
私が甘いもの苦手なのにもかかわらず、味見も何も同意できかねますよ。

イベントの時も二人で打ち上げをしたり、貴女とは何だかんだで過ごした時間は多かったように感じます。それを感じさせないナチュラルさも貴女の魅力です。本当に自然に私のそばにいてくださいましたね。

また天真爛漫な発想で場を盛り上げていればいいのですが、どこかでお会いできましたらまたそんなお話も聞かせてくださいね。

ごてんさんの何も飾らない天真爛漫な笑顔が大好きでした。

今日もどこかで笑顔でいられますように。

//剱

かなたさんへ
半年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

かなたさんはその場にいるだけで柔らかく優しい空間を作りだしてくださいますね。
女性らしさの象徴と言いますか、自分の尖った野心もかなたさんにお会いすると和んでしまうほど、優しく温厚な物腰が大好きです。
貴女を取り巻く優しい空間は誰にも侵せない聖域で、その場に少しでも近くにいられること本当にうれしく思っていました。
本当にこれからのラビリントの癒し系メイドとして有り続けてほしいと心から願っております。

時には口べたなキッチンメガネのことも思い出していただけたら本当にうれしく存じます。

かなたさんが作り出す癒しの聖域が大好きでした。

今日も沢山の人がかなたさんに癒されますように。

//剱

めろんさんへ
半年間本当に本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

めろんさんの思ったことをはっきり言える姿勢は本当に尊敬しています。あと時間に律儀なところも好きでした。

正直当初は私とはあわないタイプの人間だろうと思っていたこともありましたが、貴女を知っていくうちに向上心が高く客観視されているところが私と似ていて、気がついたら親近感さえ覚えるようになりました。
貴女の自分を客観的に的確に表現する飾らない姿勢が大好きです。

キッチンで他愛もない話もたくさんしましたね。不思議と貴女と話すと笑みがこぼれる自分に驚きを隠せませんでした。
私の知らない私のことを引き出してくれたのも貴女がきっかけですよ。本当に本当に出会えてよかったです。意外かもしれませんが、色んな話を本音で語れる仲間でした。
少なくとも私はそう思っていましたよ。

たまにはそういえばキッチンにウルサい空間が苦手だったメガネがいたなぁと思い出してもらえたら本当に嬉しいです。

めろんさんの思ったことをはっきり言える姿勢が大好きです。

今日も色んな人に切り込んでくださいますように。

//剱

ぴゃんさんへ
半年間お世話になりました。またプライベートでもかなりたくさん遊んでくださいまして本当にありがとうございました。

ぴゃんさんの本当は弱いのに強く立ち振る舞う姿勢が女の子らしくて本当にかわいくて大好きでした。
ご主人様ではなく、私に弱さをみせてくれるところとか、独占欲が強い私は密かに嬉しく思っていましたよ。
ぴゃんさんは真剣に悩んでいたのに、こんなことここに書いたら後で怒られそうですね。

ぴゃんさんといると自分が10代に戻ったようなそんな錯覚をおこしてしまうぐらい同じ目線で色んなことを考えましたね。
私にとっては妹よりもずっと歳が離れている間柄なのに不思議とあまりそれを感じさせませんでした。ぴゃんさんが大人なのか?私が子供なのか?そこは皆様のご想像にお任せするとしまして。

本当に色んなことを話しましたね。貴女とは。
お店が今どういう状況なのか、ぴなふぁでどうなのか、それこそ貴女の家族がどうなのかといった人生相談も沢山してくださいましたね。
私は純粋に頼ってもらえたのがすごく嬉しかったですよ。半年間ではありましたが可愛い妹ができた気分でした。

男兄弟に囲まれて育った私は兄として喧嘩をすることは多々ありましたが、姉として人生相談を受けた経験はありません。本当に貴重な体験をさせてもらえたのがありがたかったです。

貴女にとって私はただの手相占い師だったかもしれませんが、私は本当に可愛い妹が出来たみたいで嬉しかったです。
こんな私に色んなこと話してくれてありがとう。
でも姉妹ごっこはもうおしまい。
私は私、貴女は貴女でこれからはお互い頼ることなく生きて行かなくてはいけません。
貴女はこの半年で本当に強くなりましたね。
もう私がいなくても大丈夫。安心して私は自分の道を進めます。
大丈夫ぴゃんは強いから。
いや、ぴゃんは強くなったからですね。

バッシングの際にでも私のこと、剱のことを思い出してもらえたら本当にギャルソン名利につきます。

卒業式、貴女とは本当に笑顔でお別れしたいと切に願います。

私という人格がこれからもこの世に残るのであれば、また姉妹のような関係を築いていきたいですね。でも期待はさせられないから一度ちゃんとお別れしておきます。

ぴゃんさんの弱さを隠した精一杯の笑顔が大好きです。

時には泣いてもいいことを誰かがぴゃんさんに教えてくださいますように。

//剱

それでは、本日はここで筆を擱かせていただきます。
また、ぴなふぉあでお会いできます日を楽しみにしております。

ごきげんよう。 剱

柊さん、妖精さん、ありがとう

2015年09月24日(木)|

卒業まであと一週間を切りました。
私らしく身辺整理をはじめ、来週頭には秋葉原を経ちます。

ご主人様、お嬢様ごきげんよう、ギャルソンの剱(つるぎ)と申します。

色々な物にお別れを告げ、着々と卒業に向けて動き出しています。
一つの区切りですので自分のできうる範囲で努力します。

では、勤務報告をいたします。シルバーウィーク中盤、この日は牡蛎フライをお出ししました。
早番に入れた際にはメイド喫茶らしいかわいいメニューをご提供できますよう心がけつつ。まだまだ勉強することが多く存じます。

一期一会が大好きな私です。あまりホールにでることはありませんが、会える回数よりも一度会えたときのインスピレーションを大切にしたいです。

要するに回数よりも内容だと思っております。

キッチンの作業中にホールに出てくることはあるかと存じますが、ちゃんとご主人様に会えた時に色々なお話をしたいと考えています。

人と人が出会うことはどちらもその人を認識していないと出会えたということにはならないと思います。
私はなかなかホールにでる機会がないため、見かけることは多くても私から会えたと思える機会が他のメイドさんより少ないです。

残り少ないですが、ちゃんと会えたと思える出会いを一つでも多く、必然ではなく偶然で作っていきたいと思い今日も精進いたします。

前置きが長いですか?失礼いたしました。
あと一週間もすればこのブログも更新されなくなりますので、ご辛抱ください。

では、写真について触れたいと思います。
まだ続きますが、おつきあいください。
柊さんの卒業式の写真です。(一部抜粋)

妖精さんとも写真を撮り載せたい次第ではありますが、妖精なので透けてしまい写真に残せず。
私だけの写真になってしまいましたので柊さんとの写真のみでございますがご了承ください。
(ブログで自分の顔は載せないスタンスです。)

もう辞められている人なので、前卒業式の時に書いたことと同じようなことになります。
口べたなのでこちらでご挨拶失礼します。

柊さんへ
一ヶ月という短い期間でしたが、お世話になりました。研修ありがとうございました。

卒業式の時に記載したの簡潔になりますが、柊さんが卒業した後諸々のレシピはキッチンでまだ活躍しております。
いろんな物を教えてくださって本当にありがとうございました。

柊さんの堕天使に肖って、私も人間を辞めることにしましたので、今度は魔界でまた研修させてください。
魔界での研修も柊さんがいいです。

半年という短い期間で卒業してしまうのは柊さんに申し訳ない気持ちでありますが、真摯にお店と向き合えた半年間でしたので後悔も未練もありません。

初心忘るべからず、柊さんとの研修は今も私の胸に残っております。

柊さん!また魔界で会いましょう。

もし来世があるならば、来世もまた柊さんのの後輩でありますように。

//剱

妖精さんへ
大妖精さん、中妖精さん、子妖精さん。
本当に短い期間ではありましたが、半年間お世話になりました。ありがとうございました。

特に大妖精さんには卒業式まで催しさせていただけて本当に感謝いたします。

妖精さん方には日々助けられ、勉強させていただきました。

中妖精さんからは料理のセンス、魅せ方を沢山教えていただき、子妖精さんからは柊さんが端折った細かい注意事項を事細かに教えていただきました。

無愛想で無口だけどファルシオンが大好きな私を少しでも思い出していただけたら幸いです。

本当に本当にありがとうございました。

早く妖精さんが分裂しますように。

//剱

それでは、本日はここで筆を擱かせていただきます。
また、ぴなふぉあでお会いできます日を楽しみにしております。

ごきげんよう。 剱

ともさん、ののこさん、ありがとう

2015年09月21日(月)|

卒業の告知を上げてから十五日ほど経過いたしました。
少しずつですが、卒業することに実感が沸いて参りました。

ご主人様、お嬢様ごきげんよう、ギャルソンの剱(つるぎ)と申します。

ついにイベントカレンダーでも告知されましたね。自分としては前に立つキャラではないのでどうも自分が主役っていうのは本当に苦手です。すみません。サポートならいくらでもやりたいのですが。

自分が前にでるのと人を立たせるのでは意味が違います。メイド喫茶なのでメイドさんを立たせることに最後まで尽力を尽くします。

では、勤務報告をいたします。金曜日はゆっけさんのイベントもありましたので店内は雨でも大変に賑わっていました。

嬉しい限りでございます。新人のおとさんにもお会いできました。
メガネという同じ属性なので仲良くなれると思っていますが、きっとまた『私のこと、嫌いですか?』と思われているだろうと思いながらお給仕にはげみます。
(だいたい第一印象はとっつきにくいと言われるんです。まぁそう思うのであればそれで構いませんが。私はそうは思っていませんので。)

うまく言えませんが第一印象がネガティブでもそこからポジティブ転換ができる人が本当にすごい人だと思います。

例えるならそう。世界で初めて『うに』を食べた人は天才だと思いますね。

海中にあるあんなイガイガな物を取ってきて、中を空けてあんなグチョグチョなものがでてきたら、普通は食べませんよね?
それでも誰かが食べたから、美味しいと認識され今高価な食品として食卓に並ぶわけです。
誰かがうにを拾ってきても中身をあけなければあの美味しい食品は誰にも認知されなかったわけです。
中身を空けてかつ、食べるという勇気。
本当に頭が上がりません。

私は人間に対しても常にその姿勢を持ちたいと思っています。

この人とっつきにくいなぁ、でもきっと『うに』みたく本当は味のある中身を持っているんだろう、と接しているうちにその人の内面が見えてきます。
見えてくる物が例えぐちゃぐちゃの『うに』だったとしても、それは食べてみなければわかりません。

その人がどんなにとっつきにくくても、中身がグロテスクでも、一度はネガティブイメージからポジティブ転換できるような努力は常にあるべきだと思っております。

そう、初めて『うに』を食べた人のように、苦手で逃げるのではなく自分で得意に変更していく姿勢。本当に見習いたいです。

御託が過ぎましたね。失礼いたしました。

では、写真について触れたいと思います。
まだ続きますが、おつきあいください。
ともさん、ののこさんとの勤務中の写真です。(一部抜粋)

無理矢理ツーショットにしたため、ポーズ等に不備がございますがご了承ください。
(ブログで自分の顔は載せないスタンスです。)

半年間一緒にお給仕させていただきました。本当にお世話になりました。
口べたなのでこちらでご挨拶失礼します。

ともさんへ
半年間という短い期間でしたが、お世話になりました。
柊さんが尊敬していたこともあり、私もともさんは本当に先輩として尊敬しておりました。

ホールでの気配り本当に尊敬していました。
誰にでも分け隔てせず接し万人に受ける話題を常に提供し続け。メイド喫茶のメイドとして本当に尊敬しておりました。
いつも元気で明るくポジティブでホントに毎日毎日励まされていました。

胸を張って私の推しのメイドさんと言えます。
ともさん本当に尊敬していました。12周年の投票の時のともさんの言葉本当にかっこよかったです。
誰よりもメイドとして誇りを持っていて、誰よりもかっこよかったです。

これからもラビリントにくるたびにともさんをお慕い(推したい)と思っています。

色々相談に乗っていただいたり、励ましていただいたり、本当にともさんには数え切れないぐらい救ってもらえました。

ともさん本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

不器用なキッチンメガネのこともたまには思い出してください。女々しくてめんどくさかったなぁと。。。

ともさんのホールでの万人受けするトークが本当に大好きでした。セミファイナルとか一生忘れません。ともさんのトークは一度お話聞いたら他の人にも話したくなるような不思議な魔法が込められていました。不思議ですね、本当に覚えています。楽しくてお話聞くのが大好きでした。

今日もともさんの魔法がホールでこだましますように。

//剱

ののこさんへ
本当に短い期間ではありましたが、半年間お世話になりました。ありがとうございました。

ののこさんは実は意外とゲーマーで、FFやドラクエの話をしてくださいましたね。
メイドさんなのに中々マニアックな話ができたこと本当に楽しかったですし、嬉しかったです。
コミケにポップコーンないんですか!?と聞いたら一喝されたのは本当にいい思い出です。だって夏のお祭りっていうから。

ゲーマーにとって一番大事なこと、土日は家でゲームをする。とかそんな他愛もない話もののこさんにしかできませんでしたし、私のドラクエトークにも飽きることなくお話聞いてくださって本当にうれしかったです。

たまにはそういえばキッチンにやたらドラクエのBGMかけて調理してたメガネがいたなぁと思い出していただければ幸いです。

ののこさんのふなっしーの靴が大好きでした。機能性を考慮された靴、仕事を第一に考えているからこその選択だと思いました。

ののこさんのプロ意識、一人でも多くのご主人様に伝わりますように。

//剱

それでは、本日はここで筆を擱かせていただきます。
また、ぴなふぉあでお会いできます日を楽しみにしております。

ごきげんよう。 剱

1/212
HOME > ぴなメイドのブログ > ~剱の徒然日誌~